ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

〝好き〟の間違い探し

大好きのための決断









クラス替えが無事に終わって日常が戻って来た、今年の春。

仲よし4人組の内、男子ふたりは隣のクラスになってしもたけど、ちえとは同じクラスになった。



他にも一緒にいることが多い友美(ゆみ)と万里奈(まりな)。

この女子4人で今日はお泊まり会をしている。



ご飯を食べて、お風呂も入って、定番のカードゲームもした。

あたしの全敗のまま、流れは変わって今、恋バナになっている。



ちえの惚気を聞いた後、万里奈が先輩と付き合っているらしいと発覚して。

「今は好きな人はいないんだ」と友美が言った。

そんで、回ってきたあたしの番。



あたしが達郎を好きなんは早々にバレているから(めっちゃわかりやすいって言われた)、なんで好きになったんか。

あとは、どこが好きなんかって話を期待されてるんはわかってた。



でも、あたしの話は、







「達郎のこと、諦めようと思う」







終わりの話や。







< 7/ 69 >