ケータイ小説 野いちご

幼なじみの不器用すぎる愛し方

Chapter*1
幼なじみは全国の書店でお買い求めいただけます

くっきり二重の目、綺麗に筋の通った鼻。

薄い唇に、笑顔の隙間に姿を見せる八重歯。


時には真っ直ぐな視線をカメラに向けてみたり、時にはウインクなんかしちゃったりして世の中の女の子をトリコにしている、人気モデルの種田有斗(タネダ アルト)。




そんな彼は──




「起きなさーーーーーい!!!」


お腹の底から張り上げた声は、毎朝この部屋に響き渡る。

それを向けられた人物が、布団の中でもぞもぞと気怠そうに動いた。


「あと5分……」

「5分とか言って、いっつも5分じゃ起きてこないでしょぉー!?」


このやりとりも恒例。

あと5分、を信じてえらい目に遭ってからというもの、この言葉は信じていない。

< 1/ 53 >