ケータイ小説 野いちご

続・よみがえれ誠の魂よ〜天つ風の舞い降りた場所〜

お帰り、椿。
新政府軍、殲滅。










一斉に銃口が何口も向けられる。




流石に動けたとしても、これは

避ける事のできる量ではない。






















「撃てーーーーっっ!!!」








その声と同時に。
















────パン、パン、パン、パパーン!!!







俺達に向けて、銃が放たれた。


















───ごめんな、椿。約束、守れなくて……。
















そして、死を覚悟した、その時だった。


















< 7/ 31 >