ケータイ小説 野いちご

続・よみがえれ誠の魂よ〜天つ風の舞い降りた場所〜

お帰り、椿。
椿と暁、無事帰還。





すると、陽呂の目から一筋の涙。



皆が、暁も、此方へ向かってきていた

椿までもが驚愕の目を向ける。








そして、ポツリと呟いた。




陽「………俺達、新選組は…………

天つ風となっていた先祖様の無念を

晴らす事が出来たのか…………?」






皆が皆、それを聞くと陽呂に近寄った。


暁はその場に立ち止まったままだった。







最後に、椿が陽呂の真正面に立つ。














そして、椿は言った。
















< 13/ 31 >