ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が泣いたら、俺が守ってあげるから。
書籍化作品

作品番号
1487767

最終更新日
2018/8/18

君が泣いたら、俺が守ってあげるから。

ゆいっと/著 ジャンル/恋愛(純愛)
473ページ
PV数/7,131,725

予告マンガはコチラ!
作画:ピスタ
原作:ゆいっと
マンガを読む


「こういうの、運命っていうんだろうな」


*
.
*
.
*


はじめてあったときから


どうしようもなく


懐かしかったのは


きっと、きみの手が


やさしくて


温かかったからなんだ



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・

心に傷を抱えながら
前に進もうとしている

永井 美紗
-Misa Nagai-

×

心の奥に強い優しさを秘めた
クールなイケメン

久我 凜太朗
-Rintarou Kuga-

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・



「泣きたいなら我慢すんなよ」


「俺の前では、本当のお前を見せて」


「お前の涙は、俺がぬぐってやるから」


.
*
.
*


凍りついた


あたしの心をとかしてくれたのは


きみ、でした───

.
*
.
*


《きみと一緒なら、きっと進める》




3/26~7/10


好評発売中

あらすじを見る
亡くなった兄の志望校を受験した妹の美紗。受験の日、涙を流していると誰かがハンカチを貸してくれた。無事高校に入学した美紗はクラスメイトの凜太朗と仲良くなる。凜太朗はバスケが上手くイケメンで女子からも人気があるのに、ちょっと不愛想。でも美紗にはいつも優しく、美紗のどんな感情も受け止めてくれるのだった。ある日、ハンカチの持ち主は凜太朗だったことが発覚!けれどハンカチを良く見ると、そこには亡くなった兄のイニシャルが刻まれていて…?

小説を読む