ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ひととせと、マタタビ

作品番号
1649231

最終更新日
2021/10/9

ひととせと、マタタビ

苺衣/著 ジャンル/恋愛(学園)
77ページ
PV数/7,055・総文字数/33,443






ある八人の、ひととせのお話。



○┈┈ 春 ┈┈○ 。


「何も聞かずに三日間だけ私と別れてほしいの」


「…汐桜の好きなチョコ全部食ったせいかな」


汐桜 (shio) × 奏多 (kanata)

高2 ― 高2






○┈┈ 夏 ┈┈○ 。


「…行っちゃやだ」


「好きな子に振り向いてもらえるかも、応援してて心釉」


心釉 (miyu) × 織 (ori)

高1 ― 高2





○┈┈ 秋 ┈┈○ 。


「桃子さんといれば俺、頑張れるかもしれない」


「ギブアンドテイクだよ柊璃くん」


桃子 (momoko) × 柊璃 (syuri)

高2 ― 高1






○┈┈ 冬 ┈┈○ 。

in学校
「ねえセンセ、伝わっちゃうのはラブの力ですよね!」


「先生おうちに帰りたい」


光理 (hikari) × 影璃 (eiri)

高1 ― 先生









レビューを書いて図書カードを当てよう!

小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)