ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

予知夢で香月くんが死ぬことを知ってしまった。

作品番号
1640914

最終更新日
2021/7/23

予知夢で香月くんが死ぬことを知ってしまった。

にった宇弥/著 ジャンル/恋愛(純愛)
121ページ
PV数/11,596・総文字数/90,125

ある日、目が覚めたら涙が出た。

そして悟った。


私が見たのは予知夢だ。


クラスメイトの香月くんが
死ぬ…


*********************

ある日予知夢が見られるようになった女の子
七瀬 麻 (ななせ あさ)
   ×
事故死する未来が見えたドS男子
香月 信乃 (かづき しの)

*********************


私が香月くんを守る!

絶対!絶対に死なせてたまるかーー!


***

「正直信じられねぇし、
付きまとわれんのうざいんだけど。」

「お願い。
何でもするから気が済むまで守らせて。」


最初は正義感と責任感だけだったのに…

少しずつ
少しずつ
香月くんを守る理由が変わってく。




友情

「俺は予知夢なんか信じないから、
付きまとうなよ?ストーカー。」

「なっ、ひ、ひどい!
香月くんのこと心配してるのに…!」



そばにいたい。

「早く…何事もなく、春になればいいね。」



恋…

「何?髪触られて感じてんの?」

「ちが…!」

「お前ってホントズルいよな。」



失いたくない。

「信乃!信乃!!
本当は…本当は私…!!」




避けられない未来に立ち向かうために
麻が出した答えは…?


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)