ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

海に願いを 風に祈りを そして君に誓いを
書籍化作品

作品番号
1495513

最終更新日
2018/9/3

海に願いを 風に祈りを そして君に誓いを

汐見 夏衛/著 ジャンル/恋愛(純愛)
241ページ
PV数/462,347・総文字数/128,865

無邪気な君は
いつだって神様を信じてたけど

私は神様なんかいないって思ってた

だって運命はこんなにも残酷で
人生は悲しくてつらいことばかり

でも――

もしも本当に神様がいるのなら

どうか神様、お願いです

もうこれ以上
彼に悲しい思いをさせないで

私の大切な彼を
あなたを信じ続けた彼を
どうか幸せにしてあげて

私のぶんの幸せを
全部あげたってかまわない

だから、どうか、どうか――

あらすじ



舞台は、小さな海辺の町。

優等生でしっかり者だけど照れ屋で天の邪鬼な凪沙と、おバカで底抜けに明るく凪沙のことが大好きな優海は、幼馴染で恋人同士。

二人は過去のある出来事から、特別な深い絆で結ばれている。

でも、ある夏の朝、一つの決意を胸に目覚めた凪沙は、その日を境に優海に対する態度を一変させる。

そこには悲しい秘密が隠されていた。


《2018年8月スターツ出版文庫》

好評発売中

あらすじを見る
優等生でしっかり者だけど天の邪鬼な凪沙と、おバカだけど素直で凪沙のことが大好きな優海は、幼馴染で恋人同士。お互いを理解し合い、強い絆で結ばれているふたりだけれど、ある日を境に、凪沙は優海への態度を一変させる。甘えを許さず、厳しく優海を鍛える日々。そこには悲しすぎる秘密が隠されていた――。互いを想う心に、あたたかい愛に、そして予想もしなかった結末に、あふれる涙が止まらない!!

小説を読む