ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

女神の災難な休日

作品番号
958970

最終更新日
2016/10/5

女神の災難な休日

明紫/著 ジャンル/ミステリー・サスペンス
32ページ
PV数/75,352・総文字数/20,294

 すったもんだの独身時代を経て無事に結婚し、息子まで生まれた私の安定した日々。

 そうそう、これを求めていたのよ!拳を突き上げてそう叫びたいが、色々なことは私を遊ばせてはくれなかった。

 ちょっと待ってよ、そんなこと、誰も頼んでないでしょーがよ!

 罵ったところで動き出した事態は変わらない。

 師匠も走る12月に、またまた女神も走るハメに。

 突如起こった騒動を静めて、無事に平穏なお正月を迎えられるか!?


 「女神は不機嫌に笑う」~小川まり奮闘記①~

 「女神は片目を瞑る」~小川まり奮闘記②~

 「女神は夜明けに囁く」~小川まり奮闘記③~

 「女神は裸足で駆け抜ける」

 に続く、小川まり(桑谷まり)の短編です。


 かる~く、ゆる~く、楽しんで下されば嬉しいです。



 2013年11月6日~11月13日  明紫


 レビューをありがとうございました!お陰さまで幸せです。

piyo1111様。




小説を読む