ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

かくれんぼ、しよ?
書籍化作品

作品番号
752578

最終更新日
2016/10/25

かくれんぼ、しよ?

白星ナガレ/著 ジャンル/ホラー・オカルト
127ページ
PV数/680,309・総文字数/92,720

旧題:夜の底にて鐘が鳴る

====================





迷い込んだのは



『地図から消えた村』





這い寄る恐怖、暴かれる真相。



――狂気はいつも、そこにいた。





====================




一つ目の鐘が鳴ったら、家へ帰りなさい。



二つ目の鐘が鳴る前に。



鬼がやってきて、食べられてしまうから。






====================










彼女の呪いは、終わらない。





 




====================


10月25日発売。

※書籍は加筆修正版になります。
限定エピソード付です。

ありがとうございます。







好評発売中

あらすじを見る
「鬼が住む」と噂される夕霧山で、ユウイチの通う高校の女子生徒が行方不明になる。ユウイチは、幼なじみ2人と女子生徒を探しに夕霧山へ行くが、3人は恐怖が漂う村に迷い込んでしまう。さらに彼らを待ち受けていたのは、「人喰いの鬼」だった…。鬼に食べられないよう必死に逃げる3人。ユウイチたちは、村から脱出できるのか!?

小説を読む