ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

光の先にいる君に会いにく。

作品番号
1634565

最終更新日
2021/4/12

光の先にいる君に会いにく。

UMI/著 ジャンル/恋愛(純愛)
50ページ
PV数/664・総文字数/7,284

明日が来るのが怖いから。

今日で終わりにしようと思う。

「っ!おいっ!」

ねぇ、何助けるの?

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

視覚障害者
本宮朱里モトミヤアカリ
𝐚𝐧𝐝
朱里の同級生
クールでイケメン
内之宮輝ウチノミヤヒカル

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

あらすじ

小学校の時のある事がきっかけで視覚障害者を患ってしまった朱里。まだ見えている左目も中央しか見えない。時が経つにつれ進行している視覚障害は、彼女を苦しめる一方で毎日明日が来るのが怖かった。彼女が明日をこわがり、自殺しようとしたところを助けたのは偶然にもクラスメイトの輝。でも彼女は、障害のせいで高校に行ったことがなかったため輝は彼女を知らなかった。このことがきっかけで仲良くなっていく2人が恋に落ちる。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)