ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

光を掴んだその先に。

作品番号
1632074

最終更新日
2022/8/1

光を掴んだその先に。

◇理人◆/著 ジャンル/恋愛(純愛)
349ページ
PV数/3,770,484・総文字数/196,397





遠い遠い記憶。

幼い手を引いてくれた
もう1つの小さな手。



『俺が絶対にお前だけは守るよ。
だから……ずっと一緒にいようね』



少年は必ず、泣いていた───…。







日本でトップを誇る極道組織

天鬼組
─Amakigumi─



『ここの施設の支援を続ける代わり、
約束通りこいつは俺たちが引き取る』



その日から、私のすべてが変わった。





日本一の極道組織“天鬼組” 孫娘

天城 絃
─Amaki Ito─

×

謎多き幹部 兼 俺様教育係

那岐 絃織
─Nagi Iori─





『守る。俺が、絶対にお前を守る。
───……今度こそ』



私はなぜか知っている。

その匂いも、温かさも、ぜんぶ。



“いつか…俺のお嫁さんにしてあげる”










同じ場所にある同じ傷、
同じ字が入っている名前。

ふと思い出す、子守唄。


ずっとずっと昔から繋がった絃─いと─は
誰にも切ることができなくて。



『だったら壊れちまえよ、もう』



それはバニラアイスのように
冷たくて、甘く───…とろける。



光を掴んだその先に。



※作品はいずれもフィクションです。
実在の人物、団体等とは一切関係ありません。
流血表現、暴力描写あります。




小説を読む