ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あやかし喫茶・シャーロック

作品番号
1601832

最終更新日
2020/5/23

あやかし喫茶・シャーロック

貴堂水樹/著 ジャンル/ミステリー・サスペンス
7ページ
PV数/426・総文字数/22,574

ふらりと訪れた喫茶店。
どうやら、普通のカフェではない様子。

ひとつ目女に、酒呑童子。
ろくろ首に、からかさオバケ。

お客はみーんな、日本のあやかし。
そしてお店のイケメンマスターも、お尻にはふわふわモコモコの狐のしっぽが。

〝迷い、困っている人の前に、この店の扉は開く――〟

聡明で、時折お茶目な化け狐の名探偵・円斎。
愉快な仲間たちとともに、お客様の抱える悩みや問題をズバッと解決いたします!

あらすじ

亡き祖父の形見をうっかりなくしてしまい、悲しみに暮れる大学生・榑井洋介《くれい・ようすけ》。

気晴らしになればと、大学近くで見かけたカフェ〝喫茶・シャーロック〟にふらりと立ち寄ったはいいものの、そこで榑井を待っていたのは、人間ではなく、日本生まれのあやかしたちだった!

妖狐であり、腕利きの探偵でもあるカフェのマスター・円斎は、榑井がなくした祖父の形見を鮮やかな推理で見つけ出す――。


小説を読む