ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

アオイロノヒマワリ ―乱―

作品番号
1588986

最終更新日
2020/3/3

アオイロノヒマワリ ―乱―

早種茅冬/著 ジャンル/歴史・時代
182ページ
PV数/22,902・総文字数/39,316


夏が終われば、秋が来て冬が来る。




咲いていたオレンジの花も散り、その姿を消す。



代わりに空からは白い華が落ちてくる。




しんしんと静かに白い華を咲かす。




空の代わりに並んで咲いてくれる……。






新選組ものです!
先にアオイロノヒマワリ-咲-を読んでからこちらを読むことをおすすめします!



※史実とは異なります。
※批判や誹謗は受け付けません。
※誤字脱字あります。
※更新はマイペースです。




アオイロノヒマワリの第二部です!
出来るだけ更新出来るように頑張ります!

あらすじ

新選組ともに進んでいくと決めた日葵。
そんな時新選組に伊東甲子太郎が入隊し、隊内は大きく変わっていく。
山南の切腹。斎藤と藤堂の離隊。希月の奇行、鳥羽伏見の戦い──。時代は荒波のように激しく日葵や新選組を飲み込んでいった。
そして、土方への変わらない想いを抱く日葵にも変化が訪れる。
雪のような儚く、切なげな愛情と空のような深く、温かな愛情。
──雪は静かに優しげに花に降り積もって行った……。


小説を読む