ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幕末リモニウム

作品番号
1574290

最終更新日
2020/2/26

幕末リモニウム

花袋 一/著 ジャンル/歴史・時代
111ページ
PV数/8,308・総文字数/38,164

「幸せなわけないじゃない。
こんな世界、二度とごめんだ」



疲れちゃったんだよ。

笑顔を作ることも、生きていくことさえも。



✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

――――……死んだはずだった。

確実にわたしは死んだのに。



「おはよう。菜多里」

「……誰?」



ただの人命救助。



こんなちっぽけな命、繋ぎ止めて何になるの?

気まぐれで助けても得することなんて何もないよ。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼



「お前の命、いらないんだったら俺に預けろよ」

「……いいよ。好きにして」






✲2020.2.3~


あらすじ

屋上から飛び降り自殺を図った鹿目菜多里は目を覚ますと幕末にタイムスリップしていた。人斬り集団の「新選組」に保護されるが、菜多里は彼らに心を許さない。命を軽んじる者と命の重みを知る者。両者が交わるとき、菜多里の心に少しずつ変化が現れて――!?


小説を読む