ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夢日記 2019/06/12-13

作品番号
1562694

最終更新日
2019/6/13

夢日記 2019/06/12-13

やよいさん。/著 ジャンル/恋愛(その他)
0ページ
PV数/0

朝、学校に行くと朝の会で先生からはなしがあった。

「椿さんがお亡くなりになりました」

噂ではとある男に薬を飲まされて薬や酒で頭がおかしくなって自殺したらしい。

私の中で一瞬にして沢山の感情が生まれ、入り乱れた。

私と椿さんはたまに話をする友達だった。

きっとそうだった。

きっと、、。

だけど、

だけど、私には少し違った感情が生まれていた。

少し。少しだけ、「好き」だった。

私は授業中に泣いてしまった。

〜あとがき〜
この作品は私が見た「夢」を文章化した一瞬「日記」なので「夢日記」と呼んでいます。

「私」の性別は「男」なのか「女」なのか。
はたまた「どちらでもない」のか。
そんなことを考えながら読んでみるとさらに楽しめると思います。

あらすじ

この作品は私が見た「夢」を文章化した一瞬「日記」なので「夢日記」と呼んでいます。

本編が300文字程度で短く、3分もあれば読み終わるので是非読んでみてください。


小説を読む