ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界で一番好きで嫌いだ

作品番号
1557489

最終更新日
2019/5/8

世界で一番好きで嫌いだ

恋好 テラ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
3ページ
PV数/18

初恋はいつだって春の夜の夢のように消えてしまう。

「もう行ってしまうの?」

_うん、そろそろ時間みたい。

「本当にもう会えないの?」

_うん。…でもまたきっといつか会えr……

「今もこれからもずっと一緒じゃなきゃいやだ!!」

泣きじゃくる君をただ慰めることしか出来なかった。

自分が消えるときが来たら、
そのときは受け入れるしかないと思っていたのに
こんなにも運命に抗いたいと思ってしまうなんて。


右手の拳に全ての悔しさを押し込める。


君はすごくまっすぐで
突拍子もないことをして僕を振り回して
でもなぜか憎めなくて
君が好きだ、でもこのつながりを切らないと
君も消えてしまうから。

_ばいばい。

精一杯笑って送り出した。

あの日、君と出会ってしまったのは
想定外だった。
君はいつでも僕の予想を超えて。
そんな自由な君が僕は


君が世界で一番好きで嫌いだ。


==============================
ミステリアスな脱力男子×のんびり純情女子の切ない初恋の話。
よろしくおねがいします^^

<毎週日・月曜更新予定>

〜野いちご学園SSストーリー〜
幼馴染のげんとみわの恋の行方は……!?
下の宣伝エアラブからどうぞ

同著者のおすすめ作品
↓↓↓『甘あま、時折あまのじゃく。』
https://www.no-ichigo.jp/read/book?book_id=1557330

あらすじ

のんびり屋さんなピュア中学生・宮本千春は、ある日近所の山の草原で自分と同じくらいの年の不思議な少年・凪と出会う。
次第に千春は凪に惹かれていくが、凪には誰にも言えない秘密があって…!?
全ての真実が分かったとき、二人は運命に抗おうとするのか?

ミステリアスな脱力男子×のんびり純情女子の切ない初恋の話。


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む