ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

キズ色カフェタイム

作品番号
1543428

最終更新日
2019/1/30

キズ色カフェタイム

氷月あや/著 ジャンル/青春・友情
10ページ
PV数/126・総文字数/7,733

人は誰しも「フィルター」を備えている。
他人の痛みを濾過《ろか》するための器官を。


こんな白昼夢を見た。


現実と地続きなファンタジーだった。
「彼」だった日が、わたしにもあった。


最近、現実と妄想の境界が曖昧だ。
少し熱がある日は特に。


小説を読む