ケータイ小説 野いちご

未紘くんらしくない。

作品番号
1541168

最終更新日
2019/1/15

未紘くんらしくない。

みゅーな**/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
0ページ
PV数/0・総文字数/0



わたしの幼なじみは、わたしを幼なじみとしてみていない


かといって、幼なじみ以上でみてくれているわけでもない




✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


海野未紘 -Umino Mihiro-

×

三葉胡羽 -Mitsuba Koto-


✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚





「未紘くん、今日も好きだよ」


「知ってる」



好きって言っても返ってくる言葉は
いつも同じ



そのくせ、わたしが他の子を見ると
不機嫌になったり



「胡羽は俺じゃ不満?」


自分勝手で、わがままで、気まぐれで
つかみどころがない未紘くん









「あーあ、我慢なんてもうやめた」










小説を読む