ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

Stockholm Syndrome【狂愛】

作品番号
1539530

最終更新日
2019/1/13

Stockholm Syndrome【狂愛】

紫鶴/著 ジャンル/ミステリー・サスペンス
50ページ
PV数/7,189・総文字数/31,442


監禁された少女と、

少女を監禁した青年





時が経つにつれ、

芽生えていくものは、


本当の愛か、狂恋か――。





「……好きだよ。愛してる」










ーStockholm Syndromeー












2019.1.12
狂愛サスペンス
リメイク版

レビュー・ご感想等頂けると
死ぬほど喜びます


あらすじ

彼女を愛したいと思った。
彼女に"愛されたい"と思った。

だから監禁した。
ただ、それだけ。

すれ違っただけの少女に恋心を抱いた青年は、彼女を監禁することにした。手足を拘束し、視界を奪い、自宅の一室の鍵を閉ざして彼は少女と外界をつなぐもののいっさいを遮断する。
時が経つにつれて露わになる青年の痛みと、二人が迎える結末は——。


小説を読む