ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

雨月くんは私の心臓を爆発させたいらしい。

作品番号
1538627

最終更新日
2019/3/24

雨月くんは私の心臓を爆発させたいらしい。

星野 きい/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
113ページ
PV数/7,586・総文字数/57,467

「 すみませんすみませんって……
あんた、それしか言えないの?」


「 すみません…っ 」




今度の席替えで右隣になった男の子。



第一印象は正直よくなかった。

もっといえば、最も私が関わりたくないタイプ。



「 なんなのあんた、ムカつくんだけど。」

「 すみません… 」

「 はぁ 」


そんな事言われても困ります!







極度の人見知りガール(16)

×

辛辣な言葉足らずボーイ(16)



「 そう言う時は、ありがとうでいーの。わかる?」



「あーくそっ、なんでこんな俺が振り回されてんだ」




彼の言葉の行間を読みましょう。
そうすると ……


「 はっ、顔真っ赤。そんな俺のこと好きなの?」


今まで知らなかった甘い顔をした彼が
見えるかもしれません。




✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


雨月くんは私の心臓を爆発させたいらしい。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼



「 かーわい。たべていい?てかたべる。」


溺愛警報発令中 !!
もう心臓のメーターは針を振り切ったところです。


© Kii Hoshino


小説を読む