ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

私の嘘は、キミのせい。

作品番号
1532960

最終更新日
2020/5/24

私の嘘は、キミのせい。

椎葉さくら/著 ジャンル/恋愛(純愛)
46ページ
PV数/2,291・総文字数/20,668












「…よかったね。頑張ったじゃん!」

「……上手くいくといいね、要の恋」


……ごめんね。全部ウソ。
ほんとは、キミの幸せなんか願えてないんだ。

そんな願い叶わなければいいのに…って
いつも思ってる。


でも、キミに知られるワケにはいかないから。


「よかったね、おめでとう」


今日も私は、噓つきになるよ。



… ° 。 ° 。 ° 。 ° …


噓つきな女の子
向井 奈々佳


真っ直ぐすぎる男の子
松本 要


… ° 。 ° 。 ° 。 ° …



不思議だね。

こんなに辛くても、胸が張り裂けそうでも
“キミを好きにならなきゃよかった”とは、
思えないんだよ。



… ° 。 ° 。 ° 。 ° …



*はじまり* 2019.3.1


@りんりん☆さま
ロッキーロードさま
素敵な感想ありがとうございます!




小説を読む