ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

この想いが届かなくても、君だけを好きでいさせて。
書籍化作品

作品番号
1516176

最終更新日
2018/8/11

この想いが届かなくても、君だけを好きでいさせて。

佐倉伊織/著 ジャンル/恋愛(純愛)
108ページ
PV数/337,643・総文字数/44,429

陸上に打ち込んでいた幼なじみに
突然くだされた余命宣告。

「お前のことが好きなんだ。一緒に生きていたい」

悲しい告白をする稔の笑顔を守りたい。
そう決意して彼との交際を始めたけれど……。

私の気持ちは激しく揺れる。
だって本当に好きなのは……。

「俺が稔もお前も守る。
どうしたらいいのかわかんないけど、絶対に守るから」

想いを断ち切るために
冷たく突き放した俊介が放った力強い言葉に、
涙があふれる。

それでも稔から離れるなんてことはできない。
彼を逝かせたくない。


――これは、私たち幼なじみ3人が
運命と戦った1年間。



書き下ろしをケータイ小説文庫として書籍化。
こちらは試し読みです。

2018.08.09

好評発売中

あらすじを見る
幼なじみの俊介に片想い中の里穂。思い切って想いを伝えようとした矢先、もうひとりの幼なじみの稔が倒れてしまう。俊介と一緒に大切な稔を支えようとする里穂だが、稔の余命はたったの1年。さらに稔が里穂に「彼女になってほしい」と告白する。3人の関係が崩れ、自分の気持ちにふたをした里穂の出した答えとは?切なすぎる恋に号泣の感動作!

小説を読む