ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ダメ。俺のそばにいて。

作品番号
1497184

最終更新日
2020/5/20

ダメ。俺のそばにいて。

莉恋*/著 ジャンル/恋愛(純愛)
171ページ
PV数/3,862・総文字数/69,626




「可愛い」だとか「好き」だとか



そんな言葉は、私の隣の子のものだったから。



私に言ってくれる人なんていないと思ってた。




「ふうん。あんた、いい名前だね。」



君は、飄々としていて掴みどころがなくて。



「ちゃんと聴いてて。…あんたのために弾くんだから。」


「私…のため?」



そして、少し変な人。



「俺は、あんたしか見えないよ。」


「…星玲奈がそばにいてくれればそれでいい。」




いつだって、私を見つけてくれるのに。




「…星玲奈は、俺を好きにならない方がいい。」




………そんなの、ずるいよ。




*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜


世界がまるで違う君。
不思議な君と、2人の世界で。
たった1つの協奏曲を奏でよう。


*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.




「私、やっぱり久遠くんとは…、一緒にいられない。」


「…ダメ。俺のそばにいて。」








小説を読む