ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

愛し紅蓮の瞳

作品番号
1459970

最終更新日
2019/9/4

愛し紅蓮の瞳

∞yumi*/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
112ページ
PV数/3,160・総文字数/59,454

口が悪くて、乱暴で、無慈悲で、残酷で。
紅蓮色した瞳がまるで炎のようだと思った。


「お前も、俺が怖いんだろ?」


冷ややかな意地の悪い笑みを浮かべて
少し哀しげに私に問いかけた貴方の心が

私にはなんだか泣いてるみたいに見えた。


。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。

心に鬼を飼う男 東雲家 3代目当主
東雲 紅蓮 ─Shinonome Guren─

巫女と間違われ東雲家に招かれた女
涼風 蘭 ─Suzukaze Ran─

。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。


「例え明日、俺が俺じゃなくなっても
俺は必ず蘭を想い続ける、約束する」


ねぇ、紅蓮。

──────愛し(めぐし)
切ないほど、いとおしい。


貴方を想う気持ちを言葉で言い表す時
きっと、私はこの言葉を使うだろう。

こんなにも誰かを愛おしく思えること、
貴方に出逢わなければ知らなかった。


2019.03.30▷リニューアル公開


小説を読む