ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇に包まれた世界で『太陽』を想う

作品番号
1423169

最終更新日
2019/1/5

闇に包まれた世界で『太陽』を想う

六花 雪華/著 ジャンル/恋愛(純愛)
154ページ
PV数/29,832・総文字数/83,382

もう、誰にも関わらない。

そう思っていた時に現れたのは、秘密を抱えている笑顔が絶えない君だった–––––––––。




要 太陽(かなめ たいよう)
《吃音症持ち》
×
三日月 音羽(みかづき おとは)
《吃音症持ち》
×
天泣 空(てんきゅう そら)


音羽に弱みを握られて『恋人ごっこ』をしよう言われた太陽。


初めは仕方なく付き合っていた太陽だが、だんだん音羽のことを本気で好きになっていき––––––。


でも、そんな時に空が自分も音羽のことが好きだと言い出して…………。


音羽に隠された秘密とは?

「「音羽のことが好きだ。」」

2人の告白に対する音羽の返事は……?

太陽と音羽と空。

闇を抱えた3人の恋物語が今、野いちごにて動き出す–––––––––––。


〜野いちご大賞応募作品〜


吃音症の方、もしくは吃音症の知人がおられる方はぜひご覧ください。


共感してもらえる箇所が1つでもあれば本望です。


※・吃音症の説明は本文に書いてあります。

・吃音症の知識が不足していたら申し訳ありません。

・「叶うことなら君と」から、「闇に包まれた世界で『太陽』を想う」にタイトルを変更いたしました。

・かんたん感想や、レビュー、アドバイス、誤字脱字などを報告してもらえると嬉しいです。

・6、7つ目のエアラブはネタバレとなっておりますので、物語を全部読んでから、エアラブを見て頂くことをオススメします。


・この物語を読んでくださった読者様方に深くお礼を申し上げます。


読者様20人突破致しました!!

本当にありがとうございます!!!!


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む