ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夏の日、僕は君の運命を変える

作品番号
1362650

最終更新日
2016/8/30

夏の日、僕は君の運命を変える

米本美生/著 ジャンル/恋愛(純愛)
131ページ
PV数/18,838・総文字数/100,683

ある春の日、
わたしは道でスマートフォンを拾った

交番に届けようか迷っていた所
スマートフォンの持ち主だと言う男性から電話がかかってきた

「今駅にいるんですけど、届けてもらえませんか」

大事なものを届けに駅へ向かった

「今公衆電話から電話をかけているのです。
あなたは今、どこにいますか?」

おかしい

おかしいよ

だって公衆電話の中に


人なんて誰もいない







ひょんなことから3年後の未来で暮らす男性と知り合った心

無事に彼の持ち主であるスマートフォンを返すため連絡を取り合うふたり

だけど……



「3年後、君は僕の世界にいないよ」





小説を読む