ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

真夏の昼下がり、A棟西階段で。

作品番号
1350881

最終更新日
2017/8/28

真夏の昼下がり、A棟西階段で。

柊乃/著 ジャンル/恋愛(純愛)
21ページ
PV数/125,049・総文字数/4,995



昼休みの掃除当番。


じりじりと暑い
真夏の昼下がりに


校舎のA棟、西階段で。






「ねえ、滝沢。聞いてよ、俺の話」


「しゃべる暇あるなら手、動かして」




夏なんか

早く終わればいいのに。





暑くて、暑くて……

なんだか苦しい



────────




「なんで、彼氏つくらないの?」



そんなの、

あんたには教えない


○2016.07.16. 
完結

編集部オススメに掲載していただきました

ステキなレビューありがとございます!


雨乃めこ さま
呉羽にこ さま
桜野夢花 さま
犬甘 さま
野々原 苺 さま
言ノ葉リン さま


小説を読む