ケータイ小説 野いちご

大好きだったあなたへ

作品番号
1287059

最終更新日
2015/12/27

大好きだったあなたへ

1年1組級長/著 ジャンル/恋愛(その他)
5ページ
PV数/80・総文字数/630

小学校1年生の頃、初めてあなたに恋をした。
入学式の時、私に「よろしく」って、笑っていた。
あなたは、いつも私を、笑わしてくれた。
1番面白かったのは、宿題が嫌で泣いたことかな。
あなたが、私の初恋で本当によかったな。
今、あなたに逢えたならいいのにな。
あなたのいない世界は、とてもつまらない。
でも、あなたは最期に「優奈の事、嫌いじゃなかった」
って、言ってたよね。私は、あなたの分まで生きます。
「ねぇ、私の事ちゃんと見ててよね。蓮君」


小説を読む