ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

好きだからキスして何が悪い?

作品番号
1242415

最終更新日
2015/11/7

好きだからキスして何が悪い?

葉月りゅう/著 ジャンル/恋愛(学園)
278ページ
PV数/2,229,901・総文字数/134,096


妄想ではいくつもの恋をしてきた、
本がオトモダチの超地味子。

そんな私が、ついに本物の恋に目覚めました。
そのお相手は──。

表情を隠す黒髪に、ビンの底みたいに厚い眼鏡。
見た目はツッコミどころ満載で無口な彼……だけど。


「小説の中の王子様みたいなやつが存在するか。
……男は皆オオカミなんだよ」


眼鏡を外した瞬間、
意地悪で、ついでに口も悪くて、
さらにはフェロモンを垂れ流す、

ワケアリな超絶イケメンなのでした。


*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚


「キスは頭ん中だけでするもんじゃねぇだろ」
ニセモノの地味男子

×

「……だから、こんなふうにするの?」
ホンモノの地味子


皆とちょっとハズれている者同士
そんな私達が恋をして、何か問題ありますか?


*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚


ベタだけどベタじゃない?学園ラブコメ☆

公開 H27.8.7~ 完結 H27.11.5


↓野いちごにて、エアラブをご覧になれます↓
(もしもハロウィンパーティーで仮装したら)



この小説の宣伝エアラブ

小説を読む

NEW!!