ケータイ小説 野いちご

泣き虫シンデレラ

作品番号
1224357

最終更新日
2015/6/17

泣き虫シンデレラ

亜実香/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
3ページ
PV数/125・総文字数/1,956

───ずっと、そばにいてあげる───


その言葉で、泣きやんだ。


「やくそく、……ね?」


指切りしたその日が最後。



********


雪野 春
yukino haru
高校3年生

×

伊吹 周
ibuki shu-
高校2年生

********


昔の思い出から、年下の男性は信じられない。


「ごめんね。…私、年上の人がタイプなんだ」


たとえそれが、学校一のイケメンであろうとかわらない。



だけど………


「そう、別にいいけど。俺を甘く見ないでよ?」


それが逆に、火をつけた………!?



♥年下王子と、胸キュンラブ♥


「本当に、年下なんてありえない?」



小説を読む