ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

選択

作品番号
996477

最終更新日
2014/2/1

選択

†rabbit†/著 ジャンル/詩・短歌・俳句・川柳
5ページ
PV数/155・総文字数/724


いつも通っている道の反対側を歩いたら。

どっちがいい?って聞かれたとき、自分は右を選んだけど左を選んでたら?

ねえ、君は何を思う?


小説を読む