ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完結】冷たいキミが好きって言わない理由。
書籍化作品

作品番号
986649

最終更新日
2015/4/26

【完結】冷たいキミが好きって言わない理由。

天瀬ふゆ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
451ページ
PV数/26,999,643・総文字数/233,326






。:;:+・*∞*・+:;:。

キミの愛は本当は優しくて
でもとても冷たいものでした

゚:;:+・*∞*・+:;:゚





「話しかけてくんなよ、迷惑」

「ウザい。俺に近よるな」


学校で会う彼は、冷たくて怖くて



「かわいいって思ってる」

「手。……つながねぇ?」


外で会う彼は、優しくて甘い



キスをするときはいつだって

一瞬、切ない表情を見せる




ねえ……どうしてですか?




・○*.・○*.・○*.・○*.

純情直球 彼女 × 冷 or 優 彼氏

・○*.・○*.・○*.・○*.




時を過ごしてキミのことを知って

日が経つたびにキミがわからなくなる



キミを想わない日なんて、ないのに





*.゚+.。・*.゚+.。・*.゚+
・ ・ ・ ・ ・
冷たいキミが
好きって言わない理由。
・ ・ ・ ・ ・
*.゚+.。・*.゚+.。・*.゚+





「俺のことが嫌いだって、言えよ」

「俺はお前なんか、必要ない」




どうか、キミの本当の気持ちを

教えてください





+。;;*゚・+。;;*゚・゚*;;。+・゚*;;。+

2015/04/25
○書籍化○
(オリジナルエピソード追加)

書籍のほうでは読みやすいよう
大規模な修正を行っております

+。;;*゚・+。;;*゚・゚*;;。+・゚*;;。+




『涙恋心~冷たくて優しいキミ~』

↓ ↓ ↓

『冷たいキミが好きって言わない理由。』




 

好評発売中

あらすじを見る
李和は高校入試の日、電車で痴漢から助けてくれた男の子にひとめぼれする。入学式に再会するも、三ツ木くんの態度は思った以上に冷たくて…。あきらめきれないでいると、ついにデートしてくれることに!デートの時は別人のように優しい三ツ木くんに、違和感を覚える李和。彼には一体、どんな秘密があるの…?

小説を読む