ケータイ小説 野いちご

嘘吐きなキミ

作品番号
986029

最終更新日
2014/1/12

嘘吐きなキミ

くろちょん/著 ジャンル/恋愛(学園)
1ページ
PV数/41・総文字数/591

いつもいつも嘘つくキミ。


最後まで優しい嘘で私を突き飛ばしたね。



「仕方がないよ。これが神様が決めた運命だからね。」



キミならそう微笑んで言うのだろう。



「それを逆らってやる」



あの日あの時こう言えたら何かが
変わったんだろうか。




私はどこで間違えたんだろう。

あの日あの時やり直せば今、キミは私のそばにいたのかな?




あの日あの時の私はまだ子供だったけれど

今ならキミの優しい嘘を受け止めることも見抜くことも出来る。




もう戻れない時を悔しむのは、何故?


ミステリーな物語を読んでるかのようで
それはいくら読み返しても全然わからない


小説を読む