ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

祠の鬼

作品番号
981012

最終更新日
2018/2/18

祠の鬼

椿灯夏/著 ジャンル/ホラー・オカルト
84ページ
PV数/5,569・総文字数/22,802

学園の森の奥にある祠

おふだがたくさん貼りつけてある祠。そこには鬼が封じてある……

“鬼なんて現実にいるわけないじゃん。試しに行ってみようよ”



友達の一言で鬼のいる祠へ行く事になった



「鬼は確かに存在するんだよ。神出鬼没、っていうでしょ?信じなさ過ぎて何も視えない、視ようとしないのは愚者のする事だ――鬼は、いつでも、傍にいる」



「おかえり…………待ってたよ」



果たして鬼は迷信なのか……




小説を読む