ケータイ小説 野いちご

幸せのカタチ

作品番号
973811

最終更新日
2017/3/17

幸せのカタチ

白銀。/著 ジャンル/恋愛(その他)
26ページ
PV数/458・総文字数/9,287

あの日のことを俺は忘れたことはない。

あれは、俺が11歳の頃。
田舎に暮らして時だったか…

あの頃の俺は…
一緒にいたグループの中で、リーダー的存在だった。


「しーくんっ、行こっ♪」

“しーくん”

それは、俺のあだ名…。
けどそう呼んでいたのはただ一人。


江梨花(えりか)だけだった。

江梨花とは、幼い時から一緒にいた。
江梨花は、俺の隣にいるのが当たり前だった。
江梨花を守れるのは俺だけだと思ったいた。


なのに…あの日…
俺は…守るんじゃなくて…

江梨花を…

“殺してしまった”


小説を読む