ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あたしの心、人混みに塗れて

作品番号
969016

最終更新日
2014/10/26

あたしの心、人混みに塗れて

安川香菜/著 ジャンル/恋愛(その他)
295ページ
PV数/215,580・総文字数/150,071

「全部わかるよ、ともだから」


そう言って、彼はあたしの上で微笑んだ。



「幼なじみだと思って隠してきただけ」

イケメン彼氏と健全に交際中。
内気な眼鏡女子大生

相模智子
さがみともこ

×

「男と住んでること自覚ないでしょ」

智子と一緒に住んでいる幼なじみ
人気者の可愛い系イケメン

川島蒼大
かわしまそうた







幼なじみという枠に縛られていなければ、あたしは君にとって何者でもない。



君のことを思う人は他にたくさんいる。



あたしの気持ちは今日も人混みに塗れて君には届かないだろう。





2013/12/15~2014/10/24


小説を読む