ケータイ小説 野いちご

神さまだった君へ

作品番号
96556

最終更新日
2008/5/18

神さまだった君へ

朱朱/著 ジャンル/恋愛(その他)
1ページ
PV数/25・総文字数/245

大人の恋の入り口へ、ようこそ。

主人公の「ぼく」は大学3年生。才能豊かな、期待の画家です。

でも、物語は奇妙なシーンから始まります。
そして、おしまいのシーンも。

あなたがこの恋をハッピーだと思うか、思わないか、わたしには、わかりません。

あなたが大人の恋を知っているかどうか、わたしが知らないように。


小説を読む