ケータイ小説 野いちご

大事なものは、いつでもそばに

作品番号
955658

最終更新日
2014/2/25

大事なものは、いつでもそばに

のぺこ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
56ページ
PV数/14,207・総文字数/19,816

すれ違う二人の心は、いつ交わるの?

ちなみと恭介は、お隣同士。

恭介の母親が7歳の頃に病死してから、家族同然の付き合いだった。

どんな時でも守ってくれた恭介は、ちなみが原因で、サッカー選手になる夢を絶たれてしまう。
そこから、二人の関係がギクシャクし始めて…

彼女は、彼の恋の手伝いをすることに。

彼の好きな人は、ちなみの親友だった…



ーーーーーーーーーーー
誤字・脱字がありましたら、申し訳ありません。


小説を読む