ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【中編】此処で僕らは出会ってしまった―What is it to be sexual?―

作品番号
950735

最終更新日
2013/11/29

【中編】此処で僕らは出会ってしまった―What is it to be sexual?―

愁檎/著 ジャンル/恋愛(その他)
101ページ
PV数/30,887・総文字数/28,786


汚れて、愛して、貪欲に思う。


かつて始まりの人間、アダムとイヴが犯したように


貪欲に、その禁断の果実に貪り付く。


……………………………………………………………………

「どんなに頑張っても振り向いてくれないの?」

影のある女子高生
桜沢 純香

×

「届かなくてもいい、愛しているだけで。」

純香の幼馴染み
御子柴 牧人

×

「俺は…それでも、お前を。」

牧人の同居人
織部 敬志


………………………………………………………………………

絡まない想いは、甘く、苦く、時に快感で、常に憎らしい。


※物語が進行するに辺り、ソフトに性的表現入ります。ご了承下さいm(__)m

2013/10/22 start


小説を読む