ケータイ小説 野いちご

どうやら私は透明人間になったみたいで。

作品番号
913108

最終更新日
2013/7/10

どうやら私は透明人間になったみたいで。

蘭優/著 ジャンル/その他
1ページ
PV数/31・総文字数/207


あれ?おかしいな



昨日までは話せてたのに。




どんなに触っても反応がない

どんなに叫んでも反応がない



最初はシカトかと思った



でも先生までもが反応がない





もしかして_____




「透明…人間……?」



*******
※とある曲の解釈じゃありません※


小説を読む