ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

惚れられても応えられねーんだよ

作品番号
895035

最終更新日
2013/6/27

惚れられても応えられねーんだよ

並木 冴/著 ジャンル/恋愛(純愛)
41ページ
PV数/87,726・総文字数/94,636

 柔らかな胸が、俺の胸下に当たる。

 それを可愛いと思ってしまっている自分がいる。

 一瞬、唇を奪う絵が浮かんでしまう。

「やめろ。離せ」

 その妄想を取り払うように俺は低い声で脅し、思い切り腕を払いのけた。

(「硬派な男の感情だけに苦しくて悔しくて切ない」P41より)


 小児外科の先生は優しい愛情を注ぎながら養ってくれていたのに、事故に遭ったことにより、私の記憶がなくなってしまう。

 過去を忘れた私に新たに待ち受けていたのは、クールで美形な刑事課副長。秘書を頼まれたことにより、関係はどんどん縮まろうとする。

 しかし、副長の部下に強引に迫られはじめ、逃げられなくなる。
 


小説を読む