ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

強引にされたら気持ち、揺らぐんだってば

作品番号
893206

最終更新日
2013/6/15

強引にされたら気持ち、揺らぐんだってば

並木 冴/著 ジャンル/恋愛(純愛)
16ページ
PV数/28,459・総文字数/46,261



「さぁ……」

 触れている指が、顎をゆっくり撫でまわす。

 既にその時点で、私はハルトの手中に完全に落ちていた。

 逃げたいのかもしれない。

 やめたいのかもしれない。

 だけど、やっぱりそうじゃない。

 期待が、その不安を上回ってしまっている。

 そう自覚したと同時に、トドメの言葉が降り注いできた。

 低く、よく響く声が全身を快楽へ惑わせる。

(「落ちちゃえ」P16より)


※ 会話文がほとんどなので、読みやすいと思います。


 一代で築き上げた億万の私財、長年のキャリアもあり世界中から引っ張りだこの存在、名高い賞も手中に収め、美貌のケアも怠らない。

 全て兼ね揃えた彼は、手慣れた余裕の扱いで人目もはばからず堂々と口説いてくる、超人気ミュージシャンハルト。

 だけど、私は苦手。何故なら、派手で軽くて適当な気がするから。


小説を読む