ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

龍桜唄ーRyuoukaー

作品番号
847964

最終更新日
2013/2/20

龍桜唄ーRyuoukaー

桜華夜/著 ジャンル/恋愛(純愛)
8ページ
PV数/152

何かを得るには、何かを手放さないと
本当に欲しいモノは手に入れられない。

だけど……何かを手放し、捨てても
君を抱きしめることは許されないらしい。
だから、どうかせめてお願いです。
君と少しでも長くいさせてください。



血みどろに塗られ、涙で隠された
世界に僕らは生きている。
もう君を壊したくない、穢したくない。
お願い、僕と一緒に生きよう?

ーーーー愛してるよ、







ー龍桜唄ー


《幻想(夢)の花 咲き乱れ

悠久の朱鷺(時) 現れん

全てを虚無に帰(き)す 風吹けば

紅き月 笑(わろ)うて出迎うであろう


花鳥風月 揃う時、冷たき目をした黒き者
幻想華へとその身を捧ぐ

そして語り継がれる、我らの龍桜唄。》




*毎週水曜日に更新予定。


小説を読む