ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

光と闇のセカイ

作品番号
842058

最終更新日
2013/1/29

光と闇のセカイ

スイレン/著 ジャンル/恋愛(その他)
24ページ
PV数/1,862・総文字数/13,413

元陰陽師だった過去を持つ少女・天王洲夕闇は、


自分の存在する意味を見い出せず、セカイで憂うつな想いを抱えて過ごしていた。



そんなある日、夕闇は教会で穴に落ち、消息不明になってしまう。



目が覚めた夕闇。

その場所は…。



悪魔が存在する、『天ノ國のセカイ』。



『強くなれ…そして、俺と戦え。』

燃え上がる炎の悪魔・紅牙


『そなた…何者だ?』

静かなる水の悪魔・水月


『気に入らねぇ……お前も、お前等も。』

人を嫌う風の悪魔・風斬


『どうして……
ココに来れたの……?』

無垢な木の悪魔・葉琉


『油断しちゃ危ないぜ、
……お嬢さん?』

二面性を持つ土の悪魔・地魂


夕闇は天ノ國のセカイで、5人の悪魔と出会う。



『私はね、
…アンタみたいなのが、大っ嫌いなのよ!!』

男を嫌う元退魔師・夏崎沙織


『これも……
運命なのかしらね……。』

儚さを秘める元言霊使い・九条奏


かつての仲間との再会…。



『お前といる時だけが……懐かしさで、満たされる……。』

謎に包まれた6人目の悪魔の正体は……!?



それぞれの想いが交差し、運命が動き出し………



運命の中で、愛が生まれ……



『こんな想い………っ

、認めなくない………っ!!』


『何故……っ、

出会ってしまったんだ………っ!!』



愛が深まるほどに、運命が2人を襲う………。



悪魔達が、


春菜が、奏が、


夕闇が取る“決断”とは-----?





『俺に……力を貸してくれ。

お前の力が、必要だ……。』



小説を読む