ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】三つ子のヤクザと狼娘 巻ノ弐

作品番号
804469

最終更新日
2014/4/8

【完】三つ子のヤクザと狼娘 巻ノ弐

テディア/著 ジャンル/恋愛(純愛)
286ページ
PV数/1,271,332・総文字数/48,849

「俺のことを

 信じろ」


 ヤクザの若頭で


 トップに君臨する男、奏太。


ーーーーーーーーーーーーーー

 ずっと傍にいたのに。


 なんでこうなってしまったのかな。



 もう二度と…過去には戻れないの?



 教えてよ…奏太さん。



 いつから私たち



 こうなってしまったんだろうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


 pv10000突破!


 読んでくれた方、


 読者様、ファンの方、


 ありがとうございます!



ブルーレーベル参加作品!
簡単感想・感想・レビューなどで
応援してくださると嬉しいです!
m(__)m

あらすじ

乱舞組との戦いから1年。花蓮と奏太は順調に交際を続けていた。
そんなある日、竜王組の拠点に、一人の女が現れる。彼女は、3年前に奏太と交際していた元キャバクラ嬢だった。
彼女との関係にケリをつけるため、と花蓮は竜王組から距離をあけるよう命じられて……?


小説を読む