ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

好きとは言えない、愛しすぎた季節

作品番号
799532

最終更新日
2013/8/9

好きとは言えない、愛しすぎた季節

s.haruca/著 ジャンル/恋愛(実話)
38ページ
PV数/136,059・総文字数/120,319

浮気に恋愛を混同させたりしない?
んー、しないよ、それが大人になるってことじゃないの?

彼はベッドの中でそんなことを言った。

彼は、最悪な人間だった。

最低、最悪の人間だけど、涙があふれるぐらいに彼がほしかった。

ひと夏の恋なんて、もう一生経験することはないと思っていた。

彼に「好き」だなんて、絶対に言ったりしない。

それでも、少しでもいいから、私を想って「会いたい」と思ってくれたなら、彼へのささやかな復讐になるんじゃないかな。

実際にあった、どこにでもあるようなタブーの恋物語。


小説を読む