ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

豪華企画もりだくさん!特設ページOPEN★

野いちご学園

2017年09月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    今日は引退式。
    引退して欲しくない。

    わたしは真田先輩が好き。
    一目惚れ。

    イケメンで軽い。
    でもいざという時は頼りになる。

    「じゃあ、今までありがとな!頑張れよ〜。
    つーか泣きすぎだろwwまだ卒業しないし。」

    引退式で泣きそうになった。
    でも泣き顔は見られなくなかったから校舎裏に逃げた。

    「あっ、こんなところに居たんだ、美保。つーか泣いてんの?俺と離れるのがそんなに嫌なんだww」

    先輩に、見つかった。

    「そうですよ。先輩と会えないのが悲しいんです‼︎」

    もう会えなくなるし、と思って。

    「はっ、本気かよ。そんなの俺から言いたかったんだけど。」
    「えっ」
    「俺とお前は離れねえよ。俺がお前を離さねえ。」

    後ろから抱きしめられた。

    「お前が・・・好きだ。俺と付き合え。」
    「そんなの、いいに決まってます♡」

    先輩ともう会えないと思っていたのに、彼氏になっちゃいました♡

    開く閉じる

    • 後輩
    • 保健室
    • 浮気【お題】

    私には付き合って2年の彼氏がいて、この前遊んだ時にこっそりスマホを見てしまった。
    私の彼は浮気をしている。

    信じてたのに……。
    どうしてっ……。

    ーガラッ

    っ!!!


    「先輩?なにしてんの?」
    「怜…」

    保健室に入ってきたのは1年の青葉怜。
    何かと突っかかってきて、彼氏がいるって分かってるのに告白してくる人。

    「ねえいい加減俺にすれば?」
    「そんなこと…」

    できるわけないじゃないっ。

    今すぐに誰かに抱きついて泣きたいのに。


    「なにしにきたの?」
    「先輩をなぐさめにきた」


    そんなこと言われてますます涙が流れる。

    「俺なら先輩を泣かせない」
    「っ……」

    怜はフワッと優しく抱きしめて耳元で囁いた。
    こんな時に甘い声で言われたら…。

    「千穂。俺のとこおいでよ」
    「怜っっ」

    怜のシャツを掴み何かに縋るように泣きじゃくる。

    今この一瞬でもあなたの胸で泣かせてください。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 浮気【お題】

    付き合って数ヶ月。私は引っ越すことになった


    「連絡もするし、休みになったら会いに行く」


    そう言ってくれたのに…

    あれから他の女の子と喋ってる所をよく見る。今までそんなに無かったのに

    分かってたよ、遠距離恋愛は難しいって
    知ってたよ…でも信じてたの

    「…」

    この街を離れる日、私は彼に何も告げようとしなかった


    「愛美!…はぁはぁ…
    何も言わずに行くなんて!」


    こんなに走ってきてくれたことに驚いた

    遠くに行ってしまう私なんて、どうでも良くなったんじゃないの?

    「ほら」

    渡された袋の中を覗く

    手作りのストラップが入っていた


    「これ…どうしたの?」

    「女子に教えて貰って作った
    お揃いとか持ってなかったから…」


    俺もこれ、愛美だと思って大事にするから…
    色違いのストラップを持って赤くなる彼

    勘違いしてごめん…大好き

    そう告げる代わりに思いっきり抱きしめた

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された小説の情報がありません。

トップ

▲