ケータイ小説 野いちご

本当に言いたいことは何一つ言えなかった。

作品番号
693947

最終更新日
2012/1/7

本当に言いたいことは何一つ言えなかった。

夏音ユキ/著 ジャンル/恋愛(実話)
1ページ
PV数/1・総文字数/1

「ごめんね」

「ありがとう」



「愛してる」


本当に言いたいことは何一つ言えなくて後悔ばかりしていた。
いつも外面だけで笑っていた私を見抜いて、支えてくれて─────


小説を読む