ケータイ小説 野いちご

乙女のため息

作品番号
677908

最終更新日
2011/11/29

乙女のため息

13階段不思議/著 ジャンル/恋愛(その他)
1ページ
PV数/55・総文字数/399


はあ~って


ため息をつく私は

携帯を見つめて

彼のメールを繰り返し見て
私は、悪くないと

自分に言い聞かせて
暗い寒空の下
恋に破れた私は
歩いている。

居酒屋でやけ酒を飲む
勇気もなく
コンビニで缶酎ハイを
買う。



冷たい風は、私の心に
突き刺さる。


『今日は、ため息くらいついたっていいよね』


と独り言。



恋は、突然始まり
呆気ない終わりが待っていて


もう恋なんてと
思っても


また女は、恋に落ちる。





小説を読む